::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::うすっぺらい言葉は届かないものです。
瑛太と永山絢斗が兄弟ということの方が驚愕だったさくさんです、おはようございます。


そういえば似てなくもないね。
父親のこと、二人とも演技の肥やしにして良い役者になってほしいものです。



りーるーはーかわーりゆーくー♪

瑛太はカエラにとられたから絢斗はあたくしがいただきます。
そしたら瑛太のこと義兄さん(おにいさん)って呼べるじゃん。


あっ、義兄さん、ダッ、ダメ。あの人が帰ってきちゃう……。穴兄弟になってしまう……。



そこまで瑛太好きって訳でもないけどねー。

兄弟だったら、小泉孝太郎と弟の政治家(名前忘れた)の間で不適切な関係に揺れ動きたいわ。
(不適切な関係を解る人も少なくなってまいりましたなぁ)

やっぱり政治家が絡むとより一層スキャンダラスで燃え上がると思う。

男はシチュエーションでフルボッキするイキモノなのよ。


セックスレスのあなた達はジャージー(オプションでホイッスルなど)と体操服(オプションで赤白帽など)を着て夜中体育倉庫に忍び込むとよい。


同じ芸能人と政治家兄弟でも石原家は勃ちませんね。残念。




えー、次です。


会話をするのは難しいというお話。


会話、出来てますか?

話すのと会話するのって違うと思うんです。

一見会話している様に見えて、実際お互い話してるだけってことが実は多い。


会話をするっていうのは、自分の伝えたいことをちゃんと相手に伝えられて、相手の言っていることを理解して(理解しようと努力して)それに対してリアクションを返せることだと思うんです。


よく、印象をよくするために相手の話を聞くコツとして、相づちをうつとか復唱すると良いって言われてるじゃないですか。
これは本当に相手の話を聞くコツであって会話のコツではないと思うんです。

俺は会話をしたい時、上のリアクションをされるとイラッとくるんですよ。
もちろんただ話を聞いて欲しい時は間違っていないとは思うんですが。


会話をするには自己が必要なんだと思う。
己自身。アイデンティティー。
これがないと伝えたいこともなければ相手の話に対するリアクションも出来ない。


きっと俺は自己が薄い、もしくは瞬時に自己を分析出来ないから会話が苦手なんだろうなぁと思う。

でも結構会話できてない人多いと思うんですよねー。
インターネットの普及による自己の埋没とか、三島由紀夫の自殺に象徴される思想の死(中村うさぎ談)とか理由はいろいろあるんだろうけど。

(厄介なのは会話をしてないのに会話をしていると思い込んでる人々。
相手のことを勝手に理解したつもりになって、自分のことも理解してもらったつもりになって自覚なく回りを傷つけたり損失を与えたりする)


会話っていうのは、お互いが会話をするぞっていう意識が必要な訳で、一方がただ話をするって認識だと成り立たない。
相手を知りたいと思う気持ちと相手に知って欲しいという気持ちをお互いが持って初めて会話は成立するものだと思う。


はい、よくわからなくなってきましので最後に一言。
俺は会話がしたいんです!



えー、次です。

今日の映画。
「ボックス!」
天才高校生ボクサーの市原隼人たんと昔親友だった高良健吾くんが再会して殴り殴られるお話。


ボクシングのことはよくわからないのでボクシングシーンの出来不出来は置いておきます。


宝生舞ちゃんがでてた!
引退したんじゃなかったっけと思ってたら最後の出演作だって。
最後なのに酷いの。
市原隼人くんの母親役なの。
まぁ元ヤンっぽい設定だから年齢的にはギリギリありなのかしらと思うんだけど、借りにも女優よ。
老けメイクしても肌の質感はまだまだ輝いてる。舞ちゃん、輝いてる!
だから辞めないで、またショムニで活躍して!江角マキコを引き立てて!


えーと、映画のお話でしたっけ。
高良くんやっぱいいわぁ。
ボクサーにしてはちょい細すぎないかなぁと思うけど、いいわぁ。
高良くんはヤンキーっぽい役よりやっぱちょっと頼りない感じのが萌えるよね。
隼人たんも。隼人たんは今のやんちゃ(やんちゃ!照)なイメージつく前のナイーブな少年役の頃が一番輝いてたよね。


ストーリーは、面白いんだけどあともう一押しあればなぁというところ。
ボクシング風に言うと、ジャブばっかで判定勝ちって感じ。

二時間でまとめるなら彼女と親友どっちかに比重を置いたほうがよかったのかなーと思う。
いいエピソードはいっぱいあるんだけど、どれも煮込み足りない印象。はがゆい。



宝生舞ちゃんの有終の美が見たい人にはオススメ!見てくれよな!


でゎ、行ってきます!!
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 虫の周りを吹く風は今日も~ショウ@怠惰なる日々~ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。