::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::計算してるヲカマノコ期待しているヲカマノコ
いったい幾つのカップルがチョコレートプレイを楽しんでいたのか是非統計をとって見たかったさくさんです、おはようございます。

勿論生で。Liveで。カウンター片手にカチカチしながら。

時折口をだしながら。

「ちょっと!もっと丁寧に舐めとりなさい」

時折、手を出しながら。

「そこのブス退きなさいよ!あたしの方がうまく舐められるんだからね」



コッコッコッ♪



バレンタインデー。
ヲカマにとってこれほど憂鬱な日はないね。


だって一生懸命女の子が怨念、もとい情念を込めて作ったチョコを貰っても、気持ちに応えてあげられないんだよ!

この見目麗しく聡明で可憐なわたくしに惚れてしまうのは解るけれど。

せっかくの想いを踏みにじらざるをえないこの罪悪感。

ごめん、おれ、友達にしかなれないよ。一緒にアグリーベティを朝まで見れるようなそんなゲイ友にしかなれないよ。とでも言えばいいの?


はぁー憂鬱。



あっ、心配しなくても本命チョコなんて一個も貰ったことなかった、ウッカリウッカリ。
杞憂であった。てへ。


会社の人から貰う義理チョコって別にお返しとかいらないよね?
お返しあげたら返って迷惑というか引かれるよね?
特に仕事の話しかしたことない相手なら。


という認識で間違ってない?ぼく間違ってない?存在自体が間違ってる気がするけど。




ディスコッ ディスコッ ディスコッ♪




えー、次です。

需要はないと思いますが、ゲームのお話。というかFFのお話。



ドナちゃんワーオです!
あれだけぶったたかれたFF13ですがなんと、FF13-2が発売されるそうです。

どうしたんでしょうスクエニは。
昔っからユーザーの声を聞かない会社だとは思っていたけれど、中古屋で千円で叩き売りされている現状を把握してないんでしょうか?

叩かれたからリベンジ的な意味合いなんでしょうか。
それとも売上だけで見ればまずまずだったからでしょうか。


まぁなんだかんだ言っても買いますけど。
だって真綾たんの声ききたいもの。
ライトニングたんが沢尻エリカも真っ青のハミ尻コスなんだもの。



そしてFF13と同じ世界観を共有しているFF13ヴェルサス。

サイトのトレーラー見たらたまげだ!
CGがすんごいの!!
実写なんじゃないかと思うくらいの質感。

でもCGが凄いほど不安になる不思議。
FF13の二の舞になるんじゃないか、ただのムービーゲーになるんじゃないかと思えてなりません。

そして主人公にあまり惹かれない……。



あと、もう一つFF13と世界観を共有するFF13アギトというものがあったんですが、
これはファイナルファンタジー零式とタイトルを改めた見たいです。

こっちはFF13がコケたという認識があったということでしょうか。
PSPでUMD二枚組!
携帯ゲーム機なのに二枚組!

まぁPSPだいたい家でやってるけどね。



こんなヲタクなわたくし、当然三連休は引き込もってました。
なんかねー、半冬眠状態だったょ。
ぼくはクマ。春はまだかなぁ。うみゅ~ん。可愛いでしょ?ね?

あ、永遠に春はやってこない雰囲気ですね。がびーん。泣ける。



えー、次です。


今日の映画。
「マイマイ新子と千年の魔法」
昭和30年代の田舎を舞台に、小学生の女の子の日々を描いたアニメーション。


魔法と言ってる割に至極リアルです。
日常の明るい部分だけじゃなく、ちゃんと暗い部分も描かれています。

子供の持つ想像力、意地悪さ、たくましさが、大人のエゴを通してでなくそのままでてる。気がする。子供の時分が遥か昔なのであくまで気がするで。


人の死とか友達との別れがあっさり描かれてるのがよかった。
本来ならここぞとばかりに悲壮感を漂わせるだろうに、子供の成長の一つの通過点として他のシーンと変わることなく淡々と扱っていて作り手のブレない意思を感じた。

感動っていう山を作ってしまうと、どうしても見る側はそこにばっかり気をとられて、観賞後にそこしか記憶に残らなくなると思うんです。
もちろんそれが作り手の意図であればそれはそれでいいんだけど、
感動ってズルいと言うか、とりあえず泣ければいい映画だったってことにされてしまうという風潮があると思うんですよ。わかりやすいし。

でもこの映画ではそれが主題ではないから、簡単に感動を作れる死や別れに逃げずにあえて淡々と描いていて、その心意気が格好いい。


女児児童大好きってロリコンにはオススメ!見てくれよな!


お知らせ。

さくさんは三島由紀夫センセイの仮面の告白を探しています。
お持ちの方は貸してくれるか譲ってくれるかしてください。
また、BOOK・OFFなどでお見かけの際は購入いただいて転売していただけるとありがたいです。
お願いね。うみゅ~ん。



でゎ、行ってきます!!
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 虫の周りを吹く風は今日も~ショウ@怠惰なる日々~ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。