::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ヲカマの屍を越えて……ゆけな~い☆
誰の心にも響かない日記を書くことで有名なさくさんです、おはようございます。


あれですね。一昨日の晩飯なに食ったっけってなるのと同じ。

咀嚼して(読んで)る時はそれなりに意識はあるけど、振り返って見るとおぼろげにしか思いだせない。


でもきっと、なにがしかの栄養になってるはずって信じてる。
世の中信じることでしか繋がれないよね!キラッ☆



ということで俺屍ですオレシカ。
PS3のゲームアーカイブスでついウッカリダウンロードしてしまったのが運の尽きです。

「俺の屍を越えてゆけ」
究極の子作りゲームです。
ひたすら神様と子作りに励んでより優秀な遺伝子を遺すという。たまに鬼退治をしたりしなかったり。



金曜の夜落としてから、ずーっとやってました。
気付いたらちびまる子ちゃんの時間でした。うそ。ゴセイジャー~ワンピースまでの特撮&アニメ帯と仮眠はした。
なんか後頭部がいたくなりました。


このゲーム酷いんですよ。
神様と子作りするんだけど、その神様が牛とかカエルとかナマズとかヲカマだったりするの。
もう獣姦どころの騒ぎじゃないよね。ソレナンテエロゲ?だよね。


主人公の一族が種絶の呪いとかいうの掛けられて、普通には子供が作れないって設定だから、
神様と子作りっても実際抜きつ差されつする訳ではないんだろうけど。
でも女キャラは男神と男キャラは女神としか子作りできないようになってるから、やっぱり抜きつ差されつするのかしら。凸凹してるわけだし。


因みにヲカマの神様は男神扱いです。
間違ってないけど、間違ってないけど、間違ってないの?!



こんな卑猥なゲームに貴重な休日を潰してしまったわ。
いい加減録りためた映画を消化しようと思ったのに。
はい、最初から引きこもる予定でしたが何か?


一人である。



えー、次です。


姫野カオルコのエッセイで、橋本治の文章はその論理展開が美しすぎてイッちゃう!と書いてあったので読んでみたんです。
「生きる歓び」って短編集。


そしたら出てきたの、ヲカマ。
なんだろーねーやっぱりヲカマはヲカマを引き寄せるように出来てるのかね。

きりんって短編。
ゲイっ自覚のないゲイのお話。

姫野カオルコのおっしゃる通り理論的。
理屈っぽいってくらい丁寧に登場人物の心理や背景を描いてるから、論理的なんだけど感情に訴えかけられました。

切なくて悲しいんだけど優しくてどっかおかしみのあるお話。




えー、次です。

斎藤の祐ちゃんも卓球選手のなんちゃら君みたいにノーパン主義宣言しないかなー。

そしたら見に行くのに。鎌ヶ谷くんだりまで見に行くのに。もういないけど。


祐ちゃんを鎌ヶ谷くんだりまで見に行く人って、いったいなにを期待して見に行くんだろうね。
試合を見に行くならわかるけど、寮から出てくるの見てて楽しいのかしらん。性的興奮はえられるのかしらん。

あー、レベルEのユキタカ?くん久々に萌えキャラだわ。
あれで野球部設定とか上からも下からもヨダレが止まらないね!
薄い本を求めて池袋にキャリーバック引きずって行かなきゃ☆



ぼくと東京ドームシティーに恐怖のコースターを乗りにいこぜ!いまならエクスタシー二倍二倍。
でゎ、行ってきます!!
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 虫の周りを吹く風は今日も~ショウ@怠惰なる日々~ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。