::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::大失敗!
タイヘ~ン、寝坊して成人式でれなかったー(涙)
まったくぅ、成人としての自覚が足りないなぁ~。ぁたしのバカバカぁ~


え?あ?おれ新成人じゃなかったウッカリウッカリさくさんです、おはようございます。


成人式のおもひで。

スーツでおめかしして会場へ♪

みんな「ひさしぶり~」「元気だったー?」(やっべ、こいつ美人になってんじゃん、ヤリて~)とかワイワイ楽しくやっている中。

ぽつーん。

いっけね、俺オトモダチいなかったー。


帰ってむせび泣きました。
○○の○○(数字)の○○(物語とか法則とか)系の映画よりよっぽど泣けるおもひでね。




昨日はちゃんと徹子の部屋と5時に夢中!見ました。
どんだけマツコ好きなんですかねー。


今、誕生日プレゼントに貰ったマツコのエッセイをちまちま読んでるんだけど(うんこタイムに)
なんかマツコと姫野カオルコって同じニオイがするんだよね。

女性的であり男性的である視点から、客観と主観を冷静に判断した上で、その場に即した主張をなさってる。

言葉の選び方がうまいんだよね~。


言葉の選び方がうまいと言えば戦場カメラマンのあの人(名前ド忘れした)
あの人も、喋り方のほうに気をとられがちだけど、言葉選びのセンスがかなりいいと思う。
高評価です(若林くんとカラオケ行って俺のマイクでレッスンしてやりてーぜ!)



話は5時に夢中!に戻りまして、
自分を精神的に大人だと思うか。って視聴者アンケートをしてたんですよ。


これってだいたいの人が子供だと思うって答えると思うし、自分もそうです。

でも考えてみると、それって甘えでもあるよね。
自分、まだまだ(精神的には)子供だからしょーがない、できない、っていう言い訳ともとれるから。


大人か子供かということだけじゃなく、一見(一聴?)謙遜のように聞こえるけどその実ただの言い訳ってことあると思う。

自分なんか……って謙遜というか卑下することってあるけど、それも言い訳だよなーと思うんです。


見栄っぱりってあまり良いこととして捉えられないけど、
見栄を張ってそれに伴おうと努力する事も大切。かもね~。



えー、次です。

話題騒然のユーキャンの向井理たんの不意にチュッCM。

録画した徹子の部屋に入ってたんで五回リピートさせて頂きました。ごちそうさまでした。


えー、次です。

今日の映画。
「時をかける少女」
原田知世の方じゃなく仲理依紗の方。

原田知世版の続編的な位置付けで、原田知世が演じた役の娘が主役。原田知世じゃなく安田なるみになってたけど。


もうね、仲りいさちょーカワイイ!

それだけの映画とも言えるね。
ストーリーとか残念でも仲りいさちゃんが可愛かったから見て良かったと思える。


そう、ストーリー残念なんですよ。
タイムリープものなのに一回(戻る時入れるなら二回)しかタイムリープしないんですよ。
バックトゥーザフューチャーとかバブルへGOとかアニメ版の時をかける少女とか、タイムリープものの醍醐味の細かい伏線とかないんですよ。

原田知世版を完結させる為に作ったのかなぁ。
なんか切ないというより救いがなさすぎて後味が悪い。

最後りいさちゃんが、りょうすけ(中尾くんね)との出会いによって(記憶消されてるにしても)何かしら変化してるのが明確に分かる描写があれば良かったんだけど。
泣いて終わりじゃねぇ。
あのフィルムにもう少し仕掛けがあってもよかったと思うんだけど。


仲りいさたまんねーハァハァって人にはオススメ!見てくれよな!


でゎ、行ってきます!!
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 虫の周りを吹く風は今日も~ショウ@怠惰なる日々~ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。