::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::そうしてあなたは去ってゆくのね。
濡れやすいさくさんです、おはようございます。


もうすぐ濡れちゃうの。
ツーっと糸引いちゃうの。



歩くのがね、速いんです。
そりゃもう(オー)モウレツゥー!に速いんです。



ほら、あたくしってちょっとばかし独り身っていうやつ?が長いじゃない?
独りで歩いてるとちょいとばかし孤独が手持ちぶさたっていうか……。
だからなのかしらねぇ。颯爽と、って言ったら澄ました表現になっちゃうけれど、ツカツカ歩くようになってしまったってわけ。
わかってくださるかしら?うふふ(マダム風に読むとよい)




ということで孤独な人は歩くのが速いのである(俺だけか)


歩くのが速いと少しの距離でも体の燃焼が始まるじゃないですか。

だからすぐ体温が上がるんです。

そしてどうやら、体温が上がると濡れちゃうみたいです。


タラーンと。穴から。


はたぼうだじょ~である。


またジェネレーションギャップを浮き彫りにするチョイスをしてしまった。
現代風に言い換えると、
ぼうちゃんだぼーである。

ぼうちゃんはだぼーとか言わないけれど。


そんなわけで電車の中では鼻水との戦いである。

ツー、ズズズー、ツー、ズズズー、ツー、ゴソゴソ(テッシュを漁る音)……ズズズー(テッシュなかった)

悲劇である。泣きそうである。

こんな時に、しんべえの鼻をかんでくれるおしげちゃんのようなメンズがいてくれたらどんなにか幸福か。
そもそもそんなメンズがいたらツカツカ歩かず、フワリフワリとそよ風のごとく歩くから鼻水はでないのだけど。


まとめ。
どうかこのぼくに一歩一歩幸せを踏みしめて歩けるようなメンズをください。



えー、次です。


マイメンミクが一人減っていた。


がびーん。


なにががひーんて、誰に切られたかわからないことががびーんですよ。


じょじょに死んでいくいくぼくの脳細胞に合掌。ご冥福をお祈りします。ちーん。ちん。



わからないってことは大して交友がなかったってことで、別に切られても気にすることない。

気にすることないんだけど。ぐすん。

袖振り合うも他生の縁じゃごぜーやせんか。
一回繋がったってーことはきっとなにがしかの天恵にちげーねーってもんでさー。

せめて、サヨウナラこのろくでなしブルースの一言があってもいいんじゃーねぇーんですかい。


うそ。サヨウナラとか言われたらよけい泣いちゃう。


言いたいことは、せっかくのご縁、大切にね(feat.でんこちゃん)

ボクはキミにアイタイデス。
糸が切れてしまう前に。


目っと目っでーつうーじあうーつうじあうー。
通じ合わなかったらその時にこそサヨウナラしましょ。


まとめ。
リア充に嫉妬しリア充に憧れています。




でゎ、行ってきます!!
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 虫の周りを吹く風は今日も~ショウ@怠惰なる日々~ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。