::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::詐欺画だけど……よかったら見てください(照

画像左から三番目がさくさんです、おはようございます。



ちょっとちょっと斎藤さん!
ポプラ社小説大賞受賞ってどういうこと!!

水嶋ヒロじゃなく本名で投稿して受賞とかガチじゃないですか。

もーう、綺麗な顔でいい声な上に文才まであるなんてズルいズルい。せめて辞退した賞金を俺に譲りなさいよ。

しかしポプラ社も棚ぼただなぁ。
ベストセラー確実な上に2000万円も戻ってくるって。

でもどうせなら売れてから水嶋ヒロって名前を出して欲しかったわ。
どこから漏れたのか漏らしたのか。大人の陰謀が渦巻いてないといいな。



俺もイケメン小説家にならなくちゃ。



え?無理?イケメンが?小説家が?あ、両方か。



はぁー、その前に人間になりたい。feat.ベム




えー、次です。


今日の映画。
「蟹工船」
雇用者に搾取されまくってる労働者が頑張るお話。

昔はカニ缶を作るのにあんなにみんな必死になっていたなんて。涙涙涙。


見る前は暗そうな話しだなーと思ってたけど、結構笑えるシーンとかもあって、ずっと鬱々としてる訳ではなかった。
ほんとは虐げられる労働者感を出すために笑いは極力押さえたほうがいいんだろうけど、ずっと鈍よりしてると疲れるし。

船の中だけでほぼすべてが終始するから、構図とか話がシンプルでわかり易く、メッセージがストレートに伝わってくるんだけど、このわかり易さが賛否の別れるとこだと思う。
ほとんどのことが会話だけで前に進んでいくから理屈をこねくり回してるだけと思ってしまうかも。

原作読んだ人は薄く感じるのではないか。俺は読んでないけど。


とりあえず俺は高良健吾くんが見れたので満足です。


カニ缶好きにはオススメ!見てくれよな!


でゎ、行ってきます!!
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 虫の周りを吹く風は今日も~ショウ@怠惰なる日々~ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。